学校長挨拶
平成31年4月8日

               北海道函館水産高等学校長 亀山 喜明


 本校のHPをご覧いただきありがとうございます。

本校は昭和10年「北海道廳立函館水産學校」として創立・開校され、今年度創立84年を数える歴史と伝統のある学校で、現在「海洋技術科」「水産食品科」「品質管理流通科」「機関工学科」の本科4学科と専攻科機関科を有しています。また、これまで数多くの生徒の自己実現のため、全教職員一丸となって教育活動を実践して参りました。

 本校には、『函水の伝統』と言われる4つの校訓が掲げられ、水産・海洋教育を通して、社会の発展に貢献する職業人の育成を教育目標としています。

函水の伝統』

堅忍不抜の気魄

(意志が堅く、つらいことにでもじっと耐え忍んで心を動かさない、強い精神力)

進取力行の態度

(従来の慣習にこだわらず、力の限り進んで新しいことをしようとする態度)

礼譲親和の気風

(礼儀を尽くして謙虚な態度を示し、互いに親しみ、心を合わせる気質)

勤労愛校の精神

(与えられた仕事、やらねばならない仕事は、嫌がらずに、率先してやり遂げる気持ち)

 5月1日から新しい元号「令和」となりますが、これまでの良き伝統、教育実践を継続、発展させ、「令和」に込められた願い同様、生徒一人ひとりが、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせられるよう、特色ある教育活動を実践して参ります。その様子は、本HPで随時掲載して参りますので、是非ご覧ください。

また、今後も保護者や地域の皆様と連携・協力し、地域に開かれた、信頼される学校づくりに努めてまいりますので、本校へのご理解とご支援を引き続きお願い申し上げます。